スポスル事業部

スポスル事業部

野村 優太

スポーツの可能性を世の中に

CHAPTER 01

スポーツで
得られる経験

幼少期、兄の影響で気が付けば野球を始めていました。
当時はまだ野球をしている同級生も少なくいつも兄とその友人たちにくっついてまわっていた記憶があります。
小学生になり本格的に野球をはじめ、中高まで地元の高校で過ごしました。
大学生になると野球をするために地元を離れました。
そこで受けた衝撃は今でも忘れません。
私が当時テレビで甲子園を見ていた時の選手が同じグランドで同じ練習をしているんです!
試合をしても今ではプロ野球で活躍している選手がいたり...私にとってはほんとにすごいことだったんです!
結果を思うように出すことができず歯がゆい思いをすることが多い選手時代でしたが、それ以上に得られるものも多かったと思います。
スポーツを通じて経験できること、何よりスポーツの素晴らしさを1人でも多くの方に味わっていただきたい!

CHAPTER 02

スポーツで
大切な仲間を

野球を通してたくさんの友人や知り合いができました。
チームメイト、相手チームの選手、指導者の方々、様々な出会いがあります。
社会人になった今でも定期的に集まっては当時の話をしたりと楽しい時間を過ごせています。
一生の友人ができたことが、最も野球をしてきて良かったと感じるポイントです。
スポーツは人と人とが関わるものです。
その中でスポーツの楽しさ、素晴らしさ、そのきっかけを提供することがスポスルの役割だと感じております!

スポスル アンケート

経験スポーツは? 野球
一番好きなスポーツは? 野球
一番好きなスポーツ選手は? 山崎康晃選手
現在行っているスポーツは? 野球、ゴルフ
スポスルで叶えたいことは? スポーツ事業といえばスポスルと呼ばれること
一言お願いします スポーツを通じて素敵な経験・出会いをより多くの方に提供できるよう、スポスルのサービス普及に邁進してまいります!
TOP
TOP