スポスル事業部

スポスル事業部  チーフ

中神 文弘

スポスルで繋ぐ
豊かなライフスタイル

CHAPTER 01

夢を与えるスポーツ選手

2005年の箱根駅伝、8歳だった私が衝撃を受けた選手が、
初代山の神・今井正人選手(当時順天堂大学2年生)でした。
雪が降り積もる寒い中、険しい山道で11人を抜き去る姿は圧巻でした。
それから箱根駅伝を走りたいと強く思うようになりました。
本格的に陸上競技を始めたのは中学1年生で、恩師や周りの方々のサポートにも恵まれ、
全中・インターハイ・全国高校駅伝・箱根駅伝を経験できました。
今井選手のようなカッコいい走りはできませんでしたが、
箱根駅伝という夢を追いかける中で得てきた経験は自身の財産となっています。
陸上に限らず、改めてスポーツ選手が与える影響力は大きいと感じています。
これからもスポーツ選手は沢山の方々に夢を与え続けていくことでしょう。

CHAPTER 02

スポーツを
心から愉しむ

スポーツは、プレイヤーも観客もその場でしか味わえない何かの共有者です。
勝った時の喜び、負けた時の悔しさ、張り詰めた緊張感、期待に高まる高揚感など、
国・人種・性別を超えて、動いた気持ちを共感できる1つのエンターテインメントだと思います。
スポーツを心から愉しむ、そんな環境を沢山の方々がスポスルで発見できるようにしていきます。

スポスル アンケート

経験スポーツは? 野球、ソフトボール、陸上競技(長距離種目・跳躍種目)
一番好きなスポーツは? みんなで盛り上がれるスポーツ
一番好きなスポーツ選手は? 鈴木一朗さん
現在行っているスポーツは? なし。(ボルダリングに挑戦したい)
スポスルで叶えたいことは? ライフスタイルに溶け込んだサービス作り
一言お願いします スポスルの一員として邁進して参ります。
TOP
TOP